ルーンの占い方法

こんにちは。

フォーチュンクロス バフィー紗唯です。
今回は、ルーンの占い方法をご紹介したいと思います。

ルーンは木片やストーンタブレット、カードなどにこのようなゲルマン文字が書かれていているものです。

北欧神話では、オーディン(主神であり死や魔術、詩文の神)が、ルーン文字を発見したと伝えられ、ルーンの語源は「秘密」という意味を持ちます。

占いではタロットと同じト占になりますので、タロットで占える事はルーンでも占う事ができます。
正位置も逆位置もタロットと同じようにあります。

私の個人的なイメージなのですが
タロットは、絵柄が神秘的で優しく、友好的にメッセージを伝えてくれる感じで
ルーンは、キリッとした神託のようなシャープさとクールさが魅力です。
事柄に強いイメージがありますが、水鏡に映すように人の気持ちなども表れてくれます。

そのようなルーンには、占う方法がいくつかありますので、ご紹介していきますね。

一つ目は シンプルな ドローイング

袋に入れたルーンを占いたい事を決めて、シャッフル。
袋の中に手をいれて、1つのルーンを取り出して占います。
※ 形が異なるルーンストーンの場合は手袋をして取り出しても良いですね。
(私はパペット人形でとってました(笑))
※ ルーンカードの場合は、タロットと同じようにカードをシャッフルして1枚を選びます。

YESorNOのような占い方やオラクルカードのようにメッセージとして受け取ることもできます。

二つ目は スプレットを加えた方法

袋に入れたルーンを占いたい事を決めて、シャッフル。
袋の中に手を入れて、手に触れたルーンをスプレッド(展開法)の位置に並べていきます。
※ ルーンカードの場合は、タロットと全く同じ手順になります。
※ サークルオブルーン(ホロスコープスプレッド)で1年を占う事もできますよ。

ルーン独特のスプレッドでもOKですし、タロットに慣れている方はタロットと同じスプレッドでもOKです。

私の場合は、タロットと同じようにルーンストーンを伏せた状態でローリングシャッフルして、真ん中にあるルーンからスプレッドの位置に並べています。
※この場合はルーンストンの形が同じである必要があります。

三つ目は キャスティング と呼ばれている方法です。

全てのルーンを取り出して、布の上に豪快に投げ込むことで、散らばったルーンの裏表と落ちた場所でリーデングしていく方法で、再び同じ形で出る事はない方法で古代の占い方法と言われています。

現在はこのようにダイナミックに投げてる占い師はいないです(と思います)が同じような方法を使います。
袋からルーンをすべて取り出し、円が書かれた布の上から両手で持ったルーンを投げ入れます。
円の形はパターンはいくつかありますが、円の枠から出たルーンはメッセージとして受け取り、円の内側を結果としてリーディングしていく方法です。
なかなか鑑定の現場ではできない方法ですが、このキャスティングはルーン神託の魅力の1つでもあります。

※フォーチュンクロスの今月の占いでは、このキャスティングを使って占っています。

占い方法からルーンのタイプを選んでも良いでしょうし、お気に入りのルーンにあった占い方法にするのも良いと思います。

投稿者プロフィール

バフィー紗唯(さい)
バフィー紗唯(さい)
占い師、心理カウンセラー。1994年CGクリエイターとして活動後、制作会社を設立する傍らサイコセラピストとして被災地などでボランティア活動も行う。
2013年から制作会社の看板を下ろし、グリーフケアを専門に心理カウンセリングを開始。企業や市区でのコミュニケーション講座や親子関係、傾聴の講義、婚活の運営や恋愛相談員やコンサルタントの経験もある。
20代の頃から西洋東洋の様々な占術を修得し、2015年から占術師としても本格的に活動開始。個人サロン「ノーザンクロス」他、飯田橋「すずらん」・海老名「マリフォーチュン」で占いの対面鑑定も行っている。

ほんのりと“出会えてよかった”を共有できるような占い師を目指して奮闘中です ^^